2009/04/03 (金)Comcast Town

今回のアイデアノートでは、ここ最近で、一番テンションの上がったWebサイトのご紹介です。
その名もComcast Town


Comcast Town

是非フルスクリーンで御覧ください。独特のイラストと世界観で、作りこみも細かいですね。
まるでディズニー映画を見ているようです!

こちらはアメリカの大手ケーブル会社Comcastが最近オープンした、
バーチャルワールド「Comcast Town」というもので、Comcast Bucksという通貨で様々なアイテムが使えるとのこと。
でも、正直見てるだけでも満足です。

loadingから期待が膨らみ、雲が…。この先は、ぜひサイトで。
「Watch the commercials」から見れるCMアニメーションも秀逸ですし、
楽譜が公開されているのもユニークですね。

FLASHサイトが重いよ~という方は、YOU TUBEでもCMが御覧になれます。

(マメ)

今回アイデアノートでご紹介するWebサイトは、環境省の「我が家の環境大臣 エコファミリー」というサイト内にある、エコライフシミュレーターです!
エコライフシミュレーターで、自分の暮らしの中でどのくらいCO2を出しているのかが分かります◎
サイトのデザインもとても可愛らしいです。

エコライフシミュレーター
エコライフシミュレーター

温暖化やエコ特集のテレビ番組で『○○さんのお宅にお邪魔して、1日のCO2排出量を調査しました~風船で表してみるとこんなに!!』というような企画を何度か目にしたことがあるのではないでしょうか?
そして「私の1日のCO2排出量もちょっと気になるな」と思ってはみたものの、調べるのは大変なので何もせず。。という状態に。

そんな想いを形にしてくれた(?)ようなサイトが、1日のCO2排出量を簡単に調べられる、我が家の環境大臣のエコライフシミュレーターです。

☆エコライフシミュレーターの使い方☆
1.まずは、ご自身の1日の行動を振り返ります。朝30分テレビを付けた方は「テレビのアイコン」を「朝エリア」のドラッグして下さい。
2.朝、昼、夜エリアにアイコンをドラッグしたら、「このCO2はどれくらい?CHECK!」をクリックします。
3.すると、1日のCO2排出量が出てきます!立方体や、スギの木が吸収してくれる量に換算してくれたり、途上国の人だと何人分の排出量ですよ、と教えてくれます。

是非1度シミュレーターを使ってみて下さい!

(みー)

Photoshopでレイヤーをグループ化すると、フォルダが追加されてレイヤーが移動されますよね。
Fireworksでは、複数オブジェクトを1つのグループとしてまとめる事ができます。イラストレーターと同じイメージ+名前をつけることが出来ます。

既存のグループ”あいうえお”に、1つのオブジェクトを追加したい時、通常「両オブジェクトを選択>レイヤーをグループ化」にしますが、これだと既存グループの名前”あいうえお”がリセットされてしまい、”グループ:2オブジェクト”などとなってしまいます。

イラストでパーツ分けをしていたり、WEBデザインでボタンやエリア毎にグループ名を付けているときなど、このグループ名のリセットが気になるんです。 イヤなんです!

そういう時に便利なエクステンションをご紹介。


fig01
炎の中心に一番明るい炎を追加する場合。

fig02
普通に、グループ”炎”と、明るい炎を選択して、グループ化させます。すると、レイヤー名がリネームされてしまいました。

fig03
ではエクステンションでやってみます。同様に、グループ”炎”と、明るい炎を選択して、「コマンド>Group>【Add Selection To Group】 」を適用。
すると、リネームされること無く、明るい炎が、グループ”炎”の中に追加されました。

fig04
明るい炎のレイヤーを残したまま、グループ”炎”に追加したい時は、まず明るい炎を選択し、Ctrl+Cでコピー。次にグループ”炎”を選択し、「コマンド>Group>【Paste In Group 】」を適用します。

気をつけたいのは、追加されるのはいつもグループの最前面だという事。グループの最背景に追加したい時には、通常通り、一度グループを解除して再グループ化するしかなさそうです。今回紹介したエクステンションは【Group v1.0】。 この中に、
「Add Selection To Group」
「Paste In Group」
「Ungroup With Effects」というコマンドがセットされています。お試しアレ。 abeall.com

(ぴろりん)

本日紹介するアートイベントはこちら。

────────────────────────────────────────────
「20世紀のはじまり ピカソとクレーの生きた時代」
at 渋谷bunkamura
────────────────────────────────────────────
展示会

私はピカソが好きですね。
彼の並はずれた生命力と明快さが好きです。
学生時代の卒論もピカソのゲルニカでした。

本題のこの展示会、「ピカソとクレー」の2人以外にも
シャガールやマティス、ガンディンスキー、ブラックなど他にも盛りだくさん。
私のときめくキュビスムも多く見れました。

さて、ピカソと並んで取り上げられたパウル・クレー。
スイスの画家で、バウハウスで教鞭もとったそうですが、
恥ずかしながら私は初めて知りました。

展示会のポスターにあるクレーの絵、動物がいるのが分かりますか。…ラクダです。
彼の絵は、多くが優しい、どことなくユーモラスな雰囲気もあり
「きっと純真無垢な画家なんだろうな~」と思ったのですが
彼はナチスに弾圧されるドイツから母国に亡命したり、発病したりと
つらく暗い時代でも、優しい絵を描いている人です。
写真の眼光からも、なんだか力強い意志を感じる不思議な人でした。

彼の絵の面白さの一つにタイトルがあります。
クレー

一見、「むむ?」と思う絵ですが、
この絵のタイトルは、「直角になろうとする茶色の△」。
まさかのセレクト!
でも、このタイトルを見たら、なんだか三角がとても愛おしく感じませんか。

このほか素敵な絵が沢山の展示会。
混雑する前に是非、bunkamuraへ会いにいってください!!

- – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - -
20世紀のはじまり ピカソとクレーの生きた時代
ドイツ、ノルトライン=ヴェストファーレン州立美術館所蔵
場所 : 渋谷Bunkamuraザ・ミュージアム
会期 : 2009年1月2日(金)-3月22日(日)
- – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - -

(マメ)

ついこの前photoshopなどadobe系アプリを全部CS3にアップデートしたと思ったらもう世間はCS4ですヨ。
バージョンアップが早すぎじゃないですか!!?
ということで今回のTipsは、photoshopでもイラストレーターのように旧バージョンファイルで開けるよう保存できるか!!?です。
結論から言うと互換性を保って保存することは可能です。ただ、イラストレーターのように細かく旧バージョンを選んで保存できるかというとそこまでは…というのがphotoshopらしいところかと…。詳細は下記をどうぞ☆

■互換性の設定
旧バージョンの Photoshop との間でファイルのやり取りを行う場合は、ファイルの互換性を最大化しましょう。ファイルの互換性を最大化すると、ファイルの互換性を最大化しない場合に比べファイルサイズが若干大きくなってしまいますが、ファイルの互換性を最大化しない場合、Photohop CS3で作成したファイルを旧PhotoshopやImageReadyなどで開こうとした時、レイヤーが統合されず開けなかったり、新バージョンのPhotoshopで同じように表示できなくなったりといったトラブルが発生する危険性大です。
そんなトラブルを回避するために「互換性を優先」チェックボックスにチェックを入れましょう☆
互換性の設定

■常に互換性を優先
ところでファイルを保存する度に、ファイルの互換性を優先するかどうかの確認ダイアログが表示されるのは煩わしいヒトもいると思います。
そんなヒトには、常に作成したPhotoshopファイルの互換性を最大化するように設定することをおすすめします。
「常にファイルの互換性を最大化」するには[環境設定]ダイアログボックスで「常にオン」に設定する必要があります。
常に互換性を優先

設定はこれだけなので、ダイアログが邪魔な方はどうぞ♪

(ヨメ)

近頃、表参道駅で毎朝気になっていたポスター「ピーピング・トム」。
何のポスターだろう、と気になりつつも朝の駅は人が多すぎて立ち止まる訳にもいかず見過ごしていました。

ポスターに書いてあった文字で覚えているのは「ピーピングトム」&「世田谷パブリックシアター」。
演劇かなと思いつつ、この2つのワードで検索してみたところ出てきました↓
ピーピング・トム『Le Sous Sol/土の下』
ピーピング・トム『Le Sous Sol/土の下』

ピーピング・トムとは、今世界で最も注目を集めている(らしい!)ベルギーのダンスカンパニーのことで、気になっていたポスターはピーピング・トムの『Le Sous Sol/土の下』という公演のものだったようです。
ちょっと怪しげなのですが、、ダンサー、俳優、オペラ歌手など、年齢もさまざまなアーティストによって構成されており、見ごたえのありそうな公演です。
そういった”ちょっと怪しげ”なダンス集団には”カンパニー”が付くらしいので、そういったものが苦手な方は識別にお使い下さい。

また気になった事が、この公演の重要なパートである老紳士・老婦人を、上演する現地に住んでいる方から募集するという部分。
ベルギーのダンスカンパニー&日本のお爺さんお婆さんのコラボは一体どうなるのでしょうか。。。楽しみです♪

――――――――――――――――――――
【会場】 世田谷パブリックシアター

【公演日程・時間】
2月5日(木)19:30
2月6日(金)19:30
2月7日(土)16:00

【振付・演出・出演】 ピーピング・トム

【料 金】 一般 5,000円
――――――――――――――――――――

(みー)

はじめまして、マメ です。

Webデザイナー…との自己紹介は、未だこそばゆいですが
自分の成長の軌跡と、皆様とのシェアの意味も込めまして
微力ながら参画させていただきます。
以後、よろしくお願いいたします。

さて、初めにお伝えするのがこのアートイベント。
────────────────────────────────────────────
氾濫するイメージ―反芸術以後の印刷メディアと美術1960′s-70′s
主催 うらわ美術館 、読売新聞東京本社、美術館連絡協議会
────────────────────────────────────────────
1960年代から70年代にかけて前衛美術家として活動された、赤瀬川原平、
粟津潔、宇野亜喜良、木村恒久、タイガー立石、つげ義春、中村宏、横尾忠則ら
8人の作家によるポスター、書籍、写真、マンガ、装丁などの展示会です。

urawaart20090126.jpg

正直、私は前衛に関しては無知もいいところで、
今回も高校時代に読んだつげ義春の名前に惹かれて行った程度だったのですが、
とっても衝撃的で、面白い展示会でした!

風刺の効いたイラストやフォトモンタージュ。
舞台や音楽、デザイン、漫画、どれがどの芸術かどうかなんて
論議するだけ無粋なのかしら、と思わせるパワーで
作家が自由に、でもきっと緻密な計算のもとに作品を展開していました。
「生命力と知性、時にブラックユーモアのある絵」という印象です。

とりわけ心を掴まれたのが、赤瀬川原平さんと木村恒久さん。
赤瀬川さんは絵も描き、純文学も書きと多才に、しかも未だ現役!
桜画報の展示は、拝見しながら一人ニヤけてしまう不思議ワールドでした。
木村恒久さんのフォトモンタージュも、風刺からパロディまで幅広く、
なにより当時photoshopなんてないのに、あのクオリティと構成の自由さは脱帽です!

ここで長く語るよりも、百聞は一見にしかず!
興味のある方は是非足を運んでみてください。
ちなみに、うらわ美術館での展示は昨日が最終日。
今後の巡回は下記の通りです。
- – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – -
2009年4月4日(土)~ 5月17日(日) 八王子市夢美術館
2009年8月29日(土)~10月12日(月) 足利市立美術館
- – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – -

うらわ美術館での図録は完売となっているため、御所望の方は八王子、足利へ!

(マメ)

1.「黒」と「リッチブラック」の違い

つい先日、紙媒体の仕事を担当していたT氏が「これはただの黒か!?リッチブラックか!!?」と雑誌と睨めっこしていたのを横目でみていたのですが、ひょっとして紙系をやったことがないと「リッチブラック」を知らない?…と思いPhotoshopTipsで取り上げてみることにしました。

CMYKで「黒」を考えた時、普通は「K(スミ)=100%」に設定すれば純粋な黒と考えるのではないでしょうか?しかし「K=100%」は実際のところダークグレーに近い。では本当の「まっ黒」を作るにはどうすれば良いのか!!?
実は「リッチブラック」とはスミにシアン・マゼンタ・イエローなど他の色を30~50%程度混ぜて作った黒のことなのです。
一般的には「C=60% M=40% Y=40% K=100%」くらいのカラー設定にすると、ムラのない『黒』を表現することができるそうですが、混ぜる割合は印刷機のクセなどもあり各印刷会社によって若干異なるようです☆
黒の違い

sample元画像2.正しい白黒変換のススメ

これは私の失敗経験から掲載を思い立ったTipsです(^^;
「画像を白黒(モノクロ)に変換」する時、「たかが白黒」と私が実践していた変換法は、手軽にできる「イメージ」→「色調補正」→「彩度を下げる」という方法でした。
若き日はそれが生命力を失う画像への変換だとは気づいておらず、先輩に指摘されるまではず~っと彩度を下げ続けておりました。
※ただしサムネイルなどの小ちゃい画像なら十分と思います☆

では、生命力を保った正しい白黒変換とは?
「イメージ」→「色調補正」→「チャンネルミキサー」という手順です。チャンネルミキサーの「モノクロ」にチェックを入れ、各チャンネルのスライド調整をすれば深みのある白黒画像の出来上がり♪
画像の調整なくして美しいものは作れないってことですね。処理後の画像を見比べてみてしみじみ実感しました~。
処理画像
チャンネルミキサー

(ヨメ)

img
個人プロジェクトのサイトのようです。
flashの部分使いと、フルCSSで、とても美しく、かつ見やすく使いやすいですね。
サイトの雰囲気も統一されていて、細部も丁寧な作りこみ。
参考にしたい部分が沢山ありますね。
http://www.meijitaisho.net/

(ぴろりん)

アイコンを作るときなど、「昔作ったあのシェイプを少しアレンジするだけでぐっと簡単に作成できる!」と思ったことはありませんか。
しかし昔作ったシェイプはいずこへ(きっとどこかのpsdデータの1レイヤー…)ということにならないように、「カスタムシェイプを定義」で作ったシェイプを保存しておく方法を簡単にご紹介させていただきます。

こんなアイコンを作成しました。それでは早速カスタムシェイプを定義していきます。
アイコン

【1】シェイプを選択します。
図1

【2】編集カスタムシェイプを定義」を選択します。
図2

【3】下記ウィンドウが出てきます。あとで分かりやすいようにシェイプ名を付けて「保存」をクリックします。
これで完了です!
図3

念のためシェイプの中に入っているか確かめてみましょう、下記のように入っていればOKです!
図4

(みー)


© 2007 Design Dock, All Right Reserved. | お問い合わせ |